トップ > サポート > トレーニング

トレーニング

FLEX/micro FLEX IG-XL VBT
ベーシック
プログラミング
FLEX/micro FLEX IG-XL
ミックスドシグナル
プログラミング
IP750 EX
プログラミング
UltraFLEX IG-XL VBT
ファンダメンタル
プログラミング
UltraFLEX IG-XL
デジタル・
プログラミング
  • 日程:5日間
  • 時間:9:30~17:00
  • 目的:FLEX/microFLEXテストシステムの基本的なオペレーションとプログラミングを習得します。
  • 対象:FLEX/microFLEXテストシステムのプログラムを開発される方。
  • 内容:FLEX/microFLEXテストシステムの基本的なハードウェアとアプリケーション技術を理解し、テストプログラムを作成・デバックするために必要となる知識を習得します。「FLEX/microFLEX ミックスド・シグナル・プログラミング」および「FLEX/microFLEXデジタル・プログラミング」を履修するための前提クラスです。
  • 1日目:FLEXシステム概要、IG-XL概要、テストプログラム開発の基本、等
  • 2日目:テストフロー、デバック環境、VBT、DCVIインスツルメント
  • 3日目:スペックシート、PPMU、HSD200 デジタル概要、デジタル・タイミング
  • 4日目:デジタル・パターンファイル、パターンツール、HSD200ファンクション・テスト
  • 5日目:キャラクライゼーション、DCVIとPsetプログラミング、DIBパワーとリレー
  • 日程:5日間
  • 時間:9:30~17:00
  • 目的:FLEX/microFLEXテストシステム上で、ミックスド・シグナル・デバイス向けプログラミング手法を習得します。
  • 対象:FLEX/microFLEXテストシステム上で、ミックスド・シグナル・デバイス用のプログラミングを開発される方で、「FLEX/microFLEX IG-XL VBTベーシック・プログラミング」を受講された方、または同等の知識を有する方。
  • 内容:FLEX/microFLEXテストシステム上で、ミックスド・シグナル・デバイスのテストプログラミングを開発するために必要となるハードウェアとアプリケーション技術を習得します。波形デザイナ・ツール、ミックスド・シグナル・タイミング、DSP等について理解し、BBAC/VHFAC等のACインスツルメントについての学習をします。
  • 1日目:ミックド・シグナル・テスト概要、波形デザイナ、DSP入門と基本プログラミング、ミックスド・シグナル・ワークショップ(MSW)
  • 2日目:DSP入門(パート2)、デジタル・シグナル・ソース/キャプチャ(DSSC)
  • 3日目:BBAC(Broad Band AC)インスツルメント、コンバータ
  • 4日目:VHFAC(Very High Frequency AC)インスツルメント、コンバータ・テスト
  • 5日目:DCTime(時間測定)インスツルメント、DIBアクセス、その他(補足事項)

【注】 UltraFLEXテスターをお使いのお客様で、ミックスドシグナル・デバイスのテスト・プログラミング手法のトレーニングを必要とされる方は、UltraFLEX向けIG-XL VBTベーシック・プログラミング・コース受講後、 当クラスへご参加ください。(ACオプションおよびDSPのプログラミング手法については、FLEXファミリー全体で共通です。ただし、プログラミング実習はFLEXシステム上で行いますので、その点ご承知おきください。)

  • 日程:5日間
  • 時間:9:30~17:00
  • 目的:IP750を使用するにあたり必要とされるプログラミングをPCを使用して習得します。
  • 対象:IP750テストシステムを使用してテストプログラムを作成される方
  • IG-XLソフトウェアのクラスを希望される方は、弊社担当営業にお問い合わせください。
  • 内容:PCを使用してプログラミングの実習を行います。
  • 1日目:J750 IG-XL環境 J750基本ハードウェア概要とプログラミング
  • 2日目:IP750オプション・ハードウェアの説明 VBT基礎(VB基礎 / DCテスト基礎)
  • 3日目:IDP基礎(パターン設計 / 画像キャプチャまでの設定)
  • 4日目:IDP基礎(PMD設定 / 基本画像処理)
  • 5日目:IDP基礎(フィルタ関係の処理)
  • 日程:5日間
  • 時間:9:30~17:00
  • 目的:UltraFLEXテストシステムの基本的なオペレーションとプログラミングを習得します。
  • 対象:UltraFLEXテストシステムのプログラムを開発される方。
  • 内容:UltraFLEXテストシステムの基本的なハードウェアとアプリケーション技術を理解し、テストプログラムを作成、デバッグするために必要となる知識を習得します。「UltraFLEXデジタル・プログラミング」を履修するための前提クラスです。
  • 1日目:IG-XL概要、テストプログラム開発の基本、UltraFLEXシステム・アーキテクチャ、デバイス・ピン構成
  • 2日目:スペックシート、テストフロー、DCVIインスツルメント、テスト・デバック環境
  • 3日目:HSD1000デジタル概要、デジタル・タイミング、パターン・ファイル
  • 4日目:パターン・ツール、HSD1000ファンクション・テスト、テストプロシージャ開発
  • 5日目:VBT(Visual Basic for Test)解説
  • 日程:4日間
  • 時間:9:30~17:00
  • 目的:UltraFLEXテストシステム上で、デジタル・デバイス向けプログラミング手法を習得します。
  • 対象:UltraFLEXテストシステム上で、デジタル・デバイス用のプログラムを開発される方で、「UltraFLEX IG-XL VBTベーシック・プログラミング」を受講された方、または同等の知識を有する方。
  • 内容:UltraFLEXテストシステム上でデジタル・デバイスのテストプログラムを開発するために必要となるハードウェアとアプリケーション技術を習得します。
  • HSD1000デジタル・インスツルメントの詳細、パターン・プログラミングとデバック環境の詳細、キャラクタライゼーション・ツール、スキャン・テスト、デジタル波形のソース/キャプチャ(DSSC)、およびDCVSパワーサプライ、等について学習します。
  • 1日目:UltraFLEXアーキテクチャ詳細、ユーティリティ・ビットとユーザ電源、DCVS、HSD1000デジタル詳細
  • 2日目:HSD1000デジタル PPMU、HSD1000デジタル・タイミング
  • 3日目:デジタル・パターンデータ、HSDデバック機能とツール、キャラクタライゼーション
  • 4日目:スキャン・テスト、波形デザイナ、デジタル・シグナル・ソース/キャプチャ(DSSC)、データツール